« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

とほほな出来事

10月10日に口の手術をしたさくらでしたが、今度は膀胱炎になってしまいましたweep

医師の診断は、強いストレスを感じると膀胱炎になる事もありますといわれて
そういえば昨年の手術後も膀胱炎になっていたと気づきました。
今回は、10日間抗生剤と止血剤を飲んで、再び検査になりました。

ただ、最近車に乗ると、ぴーぴーと異常なまでに泣き叫ぶさくらbearing
どんなに大きな音がしても、尻尾を下げることが無い子なのに
診察台の上では、尻尾を下ろしてガタガタと震えが止まらないさくら・・
これから病院へ行く機会が増えるのに、どうしたものかと考えてしまいます。

みんな病院は嫌いなのかしら?うちのこだけなのかな。

P1010010

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手作りおやつレシピ

ココとさくらにポークジャーキーを作ってみました

国産豚もも肉300gの塊を使用

もも肉を1,5センチX1.5センチのスティック状にカットしておきます
あまり厚みがあると乾燥に時間が掛かりますので、今回は1.5センチ幅で作りました。

沸騰した熱湯の中に肉を入れ、10分程茹でて油抜きをします。
冷水で洗いペーパータオルで拭いてレンジで20分加熱すれば、ジャーキーの出来上がりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯科検診その後

昨年の手術から1年が経過し、そろそろ検診へと思っていた矢先に昨年出来た所とは違う場所に肉腫を発見してしまい、10日に再び手術をしてきました。

  08080811_2

肉腫の表面が「ホオズキ」の様につるっとしている物は良性、ぐちゅぐちゅしている物は悪性と見た目では判断するようです。

昨年は「エプリス」といった病名でしたが、今回の物は少しぐちゅぐちゅしている部分があったので、病理検査にだして頂く事になりました。

悲しいことに、さくらは出来やすい体質なのかもしれません。

予防の為にも、歯磨きは欠かさず続ける事が大事と伺い、時々サボっていた歯磨きを毎日の日課にすることを誓わないとですconfident

麻酔の効いている間に、今回も爪きり、肛門腺しぼり、耳掃除までして頂きました。

耳に至っては、耳の診察までしていただき、耳の奥に出来た病気を見つけていただいたので、今後は主治医の元で、治療をしていく事になっています。

治療費は、一般の病院よりはおそらく、手術費も法外な値段では無いので、無理なく検診へ行けます。

今後もさくらは、奥田先生の元で治療を続けていきます。

そして、ココも10歳になってから、イボが沢山出来てきました。

その中でも前足の上に出来たものが大きくなり、小豆程の大きさになってしまったので近くの病院で切除して来ました。

P1010076

イボは、きのこの様に生えているので根を取らないと再び生えてくるので

局所麻酔で膨らんだ部分を切除して、根っこ部分はレーザーで焼きました。

ココは、切除した患部を気にすることも無く、傷も回復に向かっています。

今月は病院通いで、気持ちもお財布も、ちょっぴり疲れましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯科検診

さくらが歯を治療してから、1年2ヶ月が経過します。

今月は歯科検診に行く為の、事前健康診断で血液検査をして来ました。

血液検査の結果も良好で、年齢よりも若々しい数値だと褒められホッとしました。

手作りご飯を食べさせていると、ナトリュウムや、肝臓、腎臓の数値も気になっていましたが

平均値の下のほうで留まっていたので、食の改善もしないですみました。

最近は高齢になったので、お肉よりもお魚メニューを多く作るようにしています。

P1010054

人間用で作ったクラムチャウダーのあさり汁を、ここさくのご飯にもおすそ分けして作ったのが、「豆乳で作ったお魚と野菜のチャウダー」

P1010046

お魚は、「めだい」です。アラも一緒に煮出したので

冷めると、ゼリーの様に煮こごりになってコラーゲンたっぷりのスープが出来ます

ここもさくらも、魚のご飯は香りが強いから大好きみたいですね。

P1010056

お友達から届いた、手作りモンブラン(わんこ用)

さつまいもで作ったそうで、私も少しだけ味見をさせて貰いました

ほんのり甘くて美味しいモンブランでした。ひろちゃんありがとう!!

一口で食べられると勿体無いので、スプーンで食べさせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »